ピヨ君の言いたいこと

日々繰り返されるこの世界の様々なこと、色んなこと。 思ったことを書いていきたいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

温暖化「ぜんぶウソでした」え!?

 「ヒマラヤの氷河が2035年までにみな解けてしまうという予測には根拠がなかった」
 「アフリカの農業生産は20年までに半減するという予測も間違いだった」
 「アマゾンの熱帯雨林はこのままだと40%以上が危機に直面するという記述にも科学的根拠はなかった」
 「オランダの国土は地球温暖化のためにすでに55%が海抜ゼロ以下になったという発表もミスで、実際にはまだ26%だった」

 こんな事実が次々と判明し、米国では地球温暖化への疑念がどっとぶつけられるようになった。

 これらの誤りは地球温暖化論のバイブルともされた国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」報告書に厳然と記されていた。07年にIPCCが公表した3千ページもの報告書は温暖化の主犯を人為的な温室効果ガスだと断じていた。その「実績」のために、IPCCは同年、同じ趣旨を自書『不都合な真実』などで説いたアル・ゴア元副大統領と並んでノーベル平和賞を受けた。

 ところが、その科学的報告書には途方もないミスがあったことが判明、IPCC当局者もその非を認めるに至った。その結果、地球温暖化論への懐疑や批判が米国の議会や経済界で広がったのだ。

 米国でもこれまでは、地球温暖化に少しでも異を唱えると袋だたきになるという状態が多かった。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100302/amr1003020254000-n1.htm

アマゾンの熱帯雨林がどんどん開発されて減ってるって言われてたけど実際は植物の生長が速くてどんどん戻ってるらしい。なにがなんだか分からないな。また偉い教授が出てきて反論するんだろ。もうどうでもいいや。
スポンサーサイト
[ 2010/03/07 21:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

完全養殖マグロ 世界初の量産化 約10億円の売り上げを見込む

熊本県天草市の水産加工会社「ブリミー」(濱忠臣社長)が24日、近畿大学水産研究所(和歌山県)と提携し、人工ふ化の卵を親魚に育てた完全養殖のクロマグロの量産化に世界で初めてめどをつけ、近く米国への出荷を本格化させると発表した。クロマグロは欧州を中心に漁獲規制を求める声が強く、同社の取り組みは安定供給と資源保護の両面から期待される。

同社によると、2007年12月、人工ふ化させた稚魚1500匹(体長約40センチ、重さ約1・2キロ)を近大から購入。八代海の大型いけすで約2年間かけて、親魚(体長約1・2メートル、重さ約40キロ)に育てることに成功した。稚魚は毎年購入し、現在1万匹を保有。2年後には年間約7千-1万匹出荷できる運びで、約10億円の売り上げを見込む。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/154591

これからマグロは広く食べられるようになるんだな。色んな地域でやってほしいね。
そうすれば安く供給されるだろうし。
ただし味は旨いのには間違いないのかもしれないが、天然の旨さとは別の旨さなんだろう。
[ 2010/02/27 20:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

中国にはもはや日本の技術は必要ない!?

米投資情報紙インベスターズ・ビジネス・デイリーは、グーグルの中国撤退問題は、すでに中国が欧米の技術を必要としていないのではないかという疑問を投げかけたとの記事を掲載した。

一部アナリストは20年前の欧米に技術を依存しきっていた時期と比べ、中国は大きく変わったと指摘している。巨額の研究開発費の投入と年数十万人のエンジニアが生み出される中国では、ナノ技術およびDNA技術ではまたたく間に先進国水準に達した。数十年間の技術移転の末、自動車、医薬品、家電などでも世界的なプレイヤーになったという。

世界経済フォーラムによると、中国は研究開発費の伸び率が世界で最も高い国の一つ。2020年まで毎年GDPの2.5%が投下される計画で、米国、日本に続く研究開発費世界第3位の地位を占めた。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39665&type=0

中国人はマジで勉強熱心なやつ多い。留学生はほんと優秀なやつが多い。日本はマジ終わった。
[ 2010/02/18 21:58 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

大学生の約7割「日本の将来に夢や希望持てない」

フィデリティ投信が全国の大学生約2200名を対象に実施した「社会保障制度の理想像や、退職後の生活等に関する意識調査」によると、「日本の将来に夢や希望を持てない」と回答した割合が約7割となり、その理由として「国家財政赤字の深刻化による若年世代へのしわ寄せ」や「雇用不安」を挙げた。
また「退職後の生活費で一番頼りになるのは何か」との問いには、約7割が「自助努力で蓄えた資産」と回答した。
同調査は全国の大学2─4年生(除く短大生)を対象に、インターネットで実施。調査期間は2010年1月18日から22日で、有効回答数は2234人(男性1229人、女性1005人)。
調査では、さらに「社会保障制度の観点からみた日本が目指すべき方向性」の質問で、「たとえ負担が増えても現在の福祉水準を維持すべき」と「より充実すべき」には合わせて約6割が回答。
一方で「老後の生活は個人の自助努力に委ねるべき、社会保障制度は最低限で充分」や「福祉水準は低下しても、現役世代の負担を軽減すべき」と答えたのは合わせて約3割強となった。

http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK036036120100205

大学が終わったら何十年も奴隷になって、終わるころにはヨボヨボのじいさん 。
今の大学生は先のことを考えてたら前に進めないだろうな 。
100年後の日本がどうなってるか、みてみたい。
[ 2010/02/08 21:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

「給食費未納者は子ども手当減額」

「給食費未納者は子ども手当減額」鳩山首相が検討表明 2010.1.30 18:34

 鳩山由紀夫首相は30日夕、学校給食費の未納者に対し、来年度から支給する子ども手当を減額する方向で検討する考えを示した。視察先の甲府市内で記者団に語った。

 首相は同日、横内正明山梨知事ら地元の首長らと意見交換。首長側は、給食費を払わない家庭の3分の2が経済的理由がないのに支払っていない現状を説明。「子ども手当は給食費に優先的に使うよう配慮してほしい」と陳情した。首相は「何か仕組みができないか考えたい」と述べ、長妻昭厚生労働相に、意見を聞く考えを示した。

 給食費未納者への対応では、子ども手当の財源の一部を負担する地方自治体から未納分と子ども手当の相殺を求める声が相次いでいる。群馬県太田市の清水聖義市長は8日の記者会見で「税金や給食費、保育料を払わない人に満額出すのが正しいか」と語っている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100130/plc1001301836009-n1.htm

え?経済的に苦しいってわかってるのに減らすわけ?これって貧乏人は淘汰しますって言ってるようなもの。
子供手当=学費減額・給食無料にすればいいだけのことだろ?
[ 2010/02/01 21:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。